漆喰の基本を知る!漆喰の使い方や注意点

 


皆様、こんにちは。

埼玉県さいたま市を拠点として関東全域で、一般住宅からビル、店舗などの内装左官・外装左官を手掛けている美匠です。


漆喰(しっくい)は日本で昔から使われてきた伝統的な建築材料ですが、環境や自然素材への関心の高まりとともに、改めてその良さが見直されるようになってきました。漆喰をご自宅や飲食店の内装に選ばれる方も増えてきています。


興味を持たれる方が増える一方で、漆喰の性能や漆喰の壁にする時の注意点など、まだ一般的にはあまり知られていないことも多いかと思います。そこで今回は、漆喰の基本についてご紹介します。




■漆喰は何からできている?



そもそも漆喰とは、何からできているのかご存じでしょうか?


長い年月をかけて海中のサンゴや海洋生物が堆積した石灰石を焼いて水を加えると、消石灰(しょうせっかい)になります。漆喰は、この消石灰を主な原料にした塗り壁材です。消石灰につなぎのための細かい繊維状のスサやのりを加え、水で練ると漆喰ができます。


消石灰は二酸化炭素を吸収しながら、長い年月をかけてゆっくりと石灰石へ戻っていくため、「環境に優しい循環型の建材」といわれています。




■漆喰本来の使い方と現代に合わせた変化



漆喰は、もともと雨風から蔵や土壁を守るために塗られていました。強アルカリ性の漆喰はカビが発生しづらい特徴もあるため、蔵の内部を保存に最適な環境にすることができるのです。また、漆喰は優れた耐火性や耐久性を持つため、日本では昔からお城の壁などにも使われてきました。


伝統的な使い方であれば、漆喰の壁にすることで調湿性や抗菌性、防カビ性などの多くの機能面でのメリットが発揮されます。


しかし、昔の漆喰と現代の漆喰の壁では大きく異なる点があります。実は、昔は漆喰の下は土壁だったのに対し、現代では「石膏(せっこう)ボード」という下地の上に漆喰を塗るのが一般的になってきているのです。土壁と違い、石膏ボードには調湿機能がないため、漆喰本来の機能が薄れたり、ひび割れが起きたりすることがあります。


漆喰の原料も現代の生活に合わせて変化しており、調湿性・断熱性・遮音性など機能に優れたタイプやコストを抑えられるタイプなど、さまざまな種類の漆喰が出てきています。




■漆喰の壁にする際の注意点



まずは、漆喰の壁にしたい理由を明確にすることが大事なポイントになります。「調湿や消臭効果のある漆喰で安心して暮らせる環境の家にしたい」場合と「飲食店を漆喰風のおしゃれな壁の雰囲気にしたい」場合では、使用する漆喰の材料も変わってきます。漆喰の壁を希望する際には、事前に「なぜ漆喰の壁にしたいのか」を左官職人に伝えて相談するようにしましょう。


クロスの上から塗れるものなど、伝統的な漆喰を手軽に取り入れられる商品も増えてきています。しかし、実際に現場に行って確認してみると、クロスを剥がさないと塗ることができないケースもあります。予定よりも費用がかかることもあるため、漆喰の壁にしたい場所を実際に見てもらうことが大切です。


色付きの漆喰にしたい場合、混ぜることで好みの色を作れますが、職人の感性や塗る際の押さえつけ方、乾き方によっても色合いが変わります。満足できる自分だけのオリジナルの壁にするためにも、信頼できる職人さんにお願いするようにしましょう。




■漆喰の壁で人にも環境にもやさしい仕上げに


漆喰は湿気や乾燥をコントロールしながら、一年を通して住環境を快適に保ってくれます。シックハウス症候群を起こすホルムアルデヒドを分解する効果も期待できるため、安心して暮らせる家づくりができます。


美匠では、住宅から飲食店などの商業施設まで、自然素材を使った「人にも環境にもやさしい左官工事」を行っています。取り扱い材料も豊富なため、さまざまな左官材料に対応できます。漆喰など自然素材の左官について興味を持たれた方は、埼玉県さいたま市を拠点に左官工事を行っている美匠まで、お気軽にご相談ください。


<美匠の施工事例>

https://www.bisyou.jp/showcase